6才・3才の子どもたちと行く登山やキャンプ情報など。

埼玉近郊・親子で始めるアウトドア

親子キャンプ

キャンプ場でレンタルできないもの。

更新日:

レンタルでいいやん とあまり道具を揃えることに積極的でない我が家ですが、何度かキャンプをしてみて分かってきたのは、レンタルのラインナップにまず入っていない必需品があるということ。

何かというと…寝袋の下に敷くマット。

レンタル品大充実だった皇海山キャンプフォレストでもなかったし、コテージ泊にしたわらび平森林公園キャンプ場でもなかった。コテージ泊でも板張りの床に寝袋一つじゃ腰が痛すぎる( ;∀;) ということでようやく購入検討。

インフレーターマットだとか、ウレタンマットだとか、銀マットだとか、いくつか種類があるようです。空気を入れて膨らませて使うエアーマット系統は、「子どもが飛び跳ねると一発でダメになることがある」と友人からのありがたい警告があったので、まず除外。だって、ふわんふわんしているマットで、キャンプっていう非日常で、子供に飛び跳ねるなだなんて、どう考えても無理。

ウレタンマットか、銀マットか、それともヨガマットでも使うか、お風呂マット 、はたまた冬に窓際に置いてる断熱発泡スチロール断熱発泡スチロールでもいいかも?なんていろいろ考えましたが、結局EVAフォームマット が一番コスパいいのではと思い、素直にキャンプ用品を。蛇腹に折りたためて軽量、1枚2000円くらい。ヨガマットもそれくらいしますしね。大人2、子供2でいくつ買うかはかなり悩みどころでしたが、ひとまず3つ購入。足りなければもう1つ買い足しますが、、、車に載るのか問題も侮れず。

本当は、一番良さげなのはサーマレストのマットでした。でもね、お高いwファミリーでキャンプしようと思うと、何でも数をそろえなきゃいけないのが本当にネックですね。

-親子キャンプ

Copyright© 埼玉近郊・親子で始めるアウトドア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.