6才・3才の子どもたちと行く登山やキャンプ情報など。

埼玉近郊・親子で始めるアウトドア

公園

遊具のない公園での遊びかた

更新日:

 昨日はお馴染みのびん沼自然公園へ。
ここ、広い公園ですが、ひとつも遊具はないんです。あるのは、トイレと手荒い場とベンチ、謎の見晴台だけ。

こんな公園に行くときは、やっぱり遊び道具があった方が楽しいですね。

昨日持っていったのは

  • 自転車
  • ストライダー
  • バドミントン
  • シャボン玉
  • フリスビー

ひろーく見渡せてかつ人が少ないので、自転車やストライダーに乗るのにぴったり。二人ともビュンビュン乗って遊んでいます。バドミントンは、夫婦で遊ぶために買いましたが、最近では子どもも上達してきて少し遊べるようになりました。

そしてシャボン玉も必須。使わないこともありますが、我が家ではシャボン玉の大ボトルと、これまでに遊んだ小さなボトルやストローをまとめて外遊びグッズのバッグのなかに入れています。昨日は風が強かったので、吹いた瞬間勢いよくシャボン玉が飛ばされていく様子が面白かったです。

あと、遊び道具ではないですが、

  • レジャーシート
  • おやつ
  • 水筒

も忘れずに。

今回は午後からのプチお出かけだったので持っていきませんでしたが、

  • タープ
  • 折り畳み椅子
  • ポップアップテント

なんかを持っていくこともあります。

ポップアップテントや椅子、アウトドアってほどの遊びをしない方には大がかりだなって思われるかもしれませんが、ファミリーには断然オススメしたいアイテムです。なんというか、公園で丸一日過ごすのが苦にならなくなります(笑)大人は交代で子供たちと遊んだり、ゆっくり本を読んだり昼寝をしたり。我が家がアウトドアに足を踏み入れるようになったのは、ポップアップテントを買ったところから…な気がします。

なお、このびん沼自然公園、かつてはバーベキューができたそうなのですが、現在はバーベキュー禁止、泊まり込みも禁止です。その分静かで人も少ないので、ゆったりピクニックを楽しみましょう♪

駐車場は二ヶ所、50台ほど無料で停められます。木の沢山あるエリアと、よく整備された芝生エリアとがあります。夏でも影に困らないのがありがたいところ。女子トイレは和式のみですが、バリアフリートイレに洋式便座があります。

-公園
-,

Copyright© 埼玉近郊・親子で始めるアウトドア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.