6才・3才の子どもたちと行く登山やキャンプ情報など。

埼玉近郊・親子で始めるアウトドア

防災とアウトドアについての本を読んでみた

更新日:

少し前にFacebookで見かけて、「防災×アウトドア』というキーワードに引っかかって予約していた本。届いたので読んでみた。

防災グッズとアウトドアグッズってかなり親和性高くて、「アウトドアグッズ高いけど、防災用と思えば買えるんじゃない?」なんて下心もありつつ。防災のノウハウ集ではなく、防災への根本的な考え方を身につけましょうと説く本。けっこう文字だらけでそんなに読みやすい本ではないですが…。

ふむふむ と思ったページ。

  • 荷物を軽くするリュックの選び方
  • 普段使いしたい機能的なレインウェア
  • 海のアドバイスは川では使えません!川遊びのライフジャケットはシートベルトと同じ
  • 津波・洪水避難も普通のヘルメットじゃダメ!あんどう流防災ヘルメットは意外なアレ
  • 川遊びでビーチサンダルは厳禁!「あんどう流・川でも滑りにくい靴」をつくりましょう
  • LEDライトを楽しく使おう!電球型懐中電灯はNG!ヘッドランプがおすすめです
  • 災害直後、トイレに水を流すのはNG!災害時のトイレ12の問題
  • 災害と性暴力 その「いいね」と「シェア」被害者を責め、加害者を増長させていませんか?

 

  • 荷物を軽くするリュックの選び方

要は災害時にもアウトドアリュックがおすすめだよって話なんですが、それはほんと間違いない!と思う。軽さも動きやすさも背負っていられる時間も、普通のリュックとは段違い。数年前から、使わなくなったリュックに災害用グッズ詰め込んで置いてあるのですが、今となっては絶対あれ持って出ないな…。普段登山に使っているリュックの方が取り出しやすいところにあるし。。。

  • 普段使いしたい機能的なレインウェア

こちらも、最近モンベルのレインウェアで雨キャンプを過ごしてみて、快適さにびっくり。すぐサイズアウトするから勿体ないと買い渋っていた3才の分も購入しました。普通のレインコート着せてると「暑い」といって雨降ってても脱いじゃうんですよね。。。子どもたち。でも、ちゃんとしたアウトドア用レインウェアなら、蒸れないし、むしろこれ着て雨の日も活動的に過ごした方がいいよね と思うに至りました。そう、災害も晴天時に起きるとは限らないんですよね。雨の日に地震があるかもしれないし、そもそも台風や豪雨災害は雨の日だし。

 

  • 海のアドバイスは川では使えません!川遊びのライフジャケットはシートベルトと同じ

川の流域面積ナンバーワンの埼玉県で川遊びに精を出している我が家としては、とても参考になるページでした。子どもたちにはライフジャケット着用で遊ばせていますが、先日行った都幾川の三波渓谷では大人もライフジャケットが必要だな と思った次第。なんだか大人まで着用するのって仰々しいような気もしてしまうのですが、シートベルトは当たり前に着けますから、ライジャケも買おうと思います。

  • 津波・洪水避難も普通のヘルメットじゃダメ!あんどう流防災ヘルメットは意外なアレ

これ、普通のヘルメットを備えているうちの幼稚園にもお知らせしたい!地震のみならともかく、津波・洪水の時に通常のヘルメットでは危険なんだそう。水が抜けないと水の力でヘルメットが引っ張られて顎紐で首が締まる…言われてみれば確かに!なんて恐ろしい。。。

  • 川遊びでビーチサンダルは厳禁!「あんどう流・川でも滑りにくい靴」をつくりましょう

夫以外は川遊び用シューズ着用で遊んでいますが、それでも滑るときがあります。なるほど、フェルトを底に貼るのか~~~~。ぜひやってみようと思ったアイデア。

  • LEDライトを楽しく使おう!電球型懐中電灯はNG!ヘッドランプがおすすめです

そうですよね。LEDがこれだけ普及したのに、電球型懐中電灯なんて。。。見直します。そして、避難時にはできる限り手を空けたいのは当然。考えてみたら、手で持つ懐中電灯でなければならない場面ってそんなにないかも。キャンプでも使うのは据え置き型のランタンもしくはヘッドランプ。登山の時の緊急用に一つだけヘッドランプを持ってましたが、家族分買おうかなと思いました。

  • 災害直後、トイレに水を流すのはNG!災害時のトイレ12の問題

これ、うっかりやってしまいそうだし、自分だけじゃなくてマンション上階の方みんなに知っておいていただかないと被害に遭いかねないやつ…。うちのトイレは無事に見えても、下水管がどこまで無事かはわからない、心しておきたいと思います。

 

  • 災害と性暴力 その「いいね」と「シェア」被害者を責め、加害者を増長させていませんか?

災害時に回ってくるいろんなシェア記事。本当にシェアすべき記事なのかはかなり冷静な視点が必要だなと思います。特に性暴力についてのこのページ、ぜひ皆さんに読んでほしい。ちょっと私の言葉では説明できる自信がない。

さいごに。
読みやすい本が行動を起こすわけではない みたいな前書きがありましたが、うーん、それにも同意はするけれど、もう少し読みやすくしても良かったのではと思いました。だけど、ありきたりな防災ガイドとは一線を画す、身に着けておきたい考え方が沢山載っている本でした。おすすめです。
りすの四季だより 家族の笑顔を守る暮らしの知恵 [ あんどうりす ]

-
-,

Copyright© 埼玉近郊・親子で始めるアウトドア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.