6才・3才の子どもたちと行く登山やキャンプ情報など。

埼玉近郊・親子で始めるアウトドア

親子登山

登山初心者が埼玉で3才・5才と一緒に登った山

更新日:

親子登山を始めて約1年。けっこうなペースで登っていた時期も。
ガイドブックに載っているモデルコースの4分の1とか、短いコースですが。
これまでに我が家が登った山を紹介します。

  1. 日和田山・ひわださん(埼玉県日高市)
  2. 鐘撞堂山・かねつきどうやま(埼玉県寄居町)
  3. 金勝山・きんしょうざん(埼玉県小川町)
  4. 鎌北湖・かまきたこ(埼玉県日高市)
  5. 官ノ倉山・かんのくらやま(東秩父村)
  6. 天覧山・てんらんざん(埼玉県飯能市)
  7. 柏木山・かしわぎやま(埼玉県飯能市)
  8. 多峯主山・とうのすやま(埼玉県飯能市)
  9. 宮沢湖・みやざわこ(埼玉県飯能市)
  10. 天覚山・てんがくさん(埼玉県飯能市)
  11. 大高取山・おおたかとりやま(埼玉県越生町)
  12. 棒ノ折山・ぼうのおれやま(埼玉県飯能市)
  13. 大高山・おおたかやま(埼玉県飯能市)
  14. 橋本山~ユガテ・はしもとやま~ゆがて(埼玉県飯能市)
  15. 二本木峠・にほんぎとうげ(埼玉県東秩父村)
  16. 日向山・ひなたやま(埼玉県横瀬町)
  17. 高倉山・たかくらやま(埼玉県群馬県高崎市)

番号振ってありますが、順不同です。振り返ってみるとけっこう登りましたね…。
宮沢湖なんかは登山というより森の散歩道ですが。
我が家からは飯能エリアが比較的行きやすいです。朝8時頃出ると、1時間強くらいで着くのでよく行きます。

★ガイドブックと実力の差★
登るときの参考にしているのは、埼玉県の山 (分県登山ガイド)です。
技術度と体力度が5段階表示されています。我が家では、技術度1のところを選んで登っています。
唯一技術度2と表示されたところで行ったのが棒ノ折山ですが、けっこう大変でした。時間的にも体力的にも登頂は厳しく、途中で折り返して降りてきました。

ガイドブックに表記されているコースタイムの2倍かかることを想定しています。
なので、だいたい標準コースタイム2時間のところを、4時間かけて歩くイメージ。標準コースタイムで3時間になると、我が家には厳しいです。標高差で言うと300~400mくらいまで。

★コース設定の方法★
ガイドブックには、駅から登って別の駅に下りるみたいなコースも多いですが、車で行くのが基本なので、車を停めた場所に下りるコースになるよう考えます。そして、もちろんガイドブックには5時間6時間かかるコースも沢山載っていて、2時間で終わるコースの方がレアなのですが、長距離のコースの一部分だけを上って降りて来られるコースを設定します。個別のコースを考えるのには、ガイドブックではなく、詳細地図の奥武蔵登山詳細図全130コース が便利です。我が家のエリアで言うと寄居や小川町方面が掲載されていないのが残念ですが…。

★アプローチが長いところはしんどい★
登山口までの一般道をアプローチと呼びますが、この一般道を歩くのは子どもたちはとっても苦手です。
①普段と変わり映えしないので面白くない
②車を気にしながら歩くのが面倒
③木がない(影がない)ので暑い
こんな理由。ブーブーたらたら歩く子どもたちにハッパかけながら進むのは親もどっと疲れます(*_*; なので、できるだけ登山口の近くに車を停められるコースを探します。山から降りてきた後、車までの距離が長い時には夫だけ走って車を取りに行ってくる場合も。

★人が多い山・少ない山★
我が家が登っている埼玉県内の低山は、どこもあんまり人がいません(笑)
一番多かったのが、うっかり梅の時期に行ってしまった越生の大高取山かな?登山口に着くまでに、人も車も多くて疲れました…。山の中も、混んでいるなんてほどではないですが、これまでに登った山よりは沢山人がいました。日和田山なんかも、初心者向きの山としては超メジャー(埼玉県に限らず、首都圏近郊の初心者向けの山としてほとんどのガイドブックに掲載されています)ですね。

人の多い山は、すれ違いにけっこう気を使うので、私はあんまり好きではありません。トータル10人くらいに会ったかしら???くらいの方が気楽です。そんな訳で、登山と言えばあまりにも有名な高尾山にはきっと行くことがないと思います。。。(息子には行きたいと言われるのですが)。これも人が少ないと不安、という方もいるでしょうし、好みですね。

またそれぞれの山についても少しずつ紹介していきたいと思います。

-親子登山

Copyright© 埼玉近郊・親子で始めるアウトドア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.